自律神経失調症とうつ病 - 自律神経失調症/うつ克服/生活習慣改善は、骨盤~頭蓋骨矯正で慢性疲労や痛み.歪み.不調を整える 大阪高槻・茨木 カイロのこうてんDES


HOME > 自律神経失調症とうつ病

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、「主にストレス(蓄積疲労)が原因となって、交感神経と副交感神経の切り替えのバランスが崩れて起る心身の不調で、器質的な疾患や顕著な精神障害が認められないもの」をいいます。

肩こり

■こんな人は気をつけてください。

1、ストレス、疲労がたまっている
2、生活のリズムが不規則
3、日常の姿勢が悪い
(顎を前につき出す姿勢、長時間同じ姿勢、同じ動作の繰り返し)
4、手足が冷たい
(いつも体を冷やす状況にある)
5、ムチウチなど頚部または、頭部に外傷がある
6、顎関節症や顎・顔にゆがみがある
7、喘息や鼻炎、眼精疲労がある
8、息をつめて頑張り過ぎて、呼吸が浅い人


大抵が交感神経の緊張で、気持ちが高ぶった状態が持続していることが多いため、安静時にも骨・筋肉・皮膚は緊張を強いられていて、休息がとれない状態に陥っています。
そのため、筋肉が凝ってくるし、動きも悪くなり、いざ動こうとすると痛みが出たり、動悸・息切れ・便秘・不眠症・疲れやすい・体がだるい・頭が重いなどの随伴症状を伴う場合が多いです。

症状は人によって異なり、その自覚症状はとても辛いものですが、病院で血液やその他隅々まで検査を受けても、特別な異常が見つからないので、「気のせい」・「疲れのせい」ですまされることもあります。そのために、苦痛は軽減されないまま、ドクターショッピングを繰り返すといった方々が多いのです。

自律神経失調症になりやすいのは、更年期の女性とまだ人生経験の浅い20代の若者です。若者の場合、自分の将来に対する不安感から自律神経失調症になることもありますし、学生さんの場合、、「受験勉強」のしすぎや「就職活動」で過度の緊張を続けた後、その精神的な疲労によって自律神経失調症になることもあります。

『しかし、最近は30代~40代にかけての男女が圧倒的に増えてきました。
子供のころからゲームやパソコン等の画面を毎日・長時間見ながら、遊んだり仕事や生活するのが当たり前となり、それによって蓄積されてきた目や頭や体の疲れ、悪い姿勢などから、身体的・精神的疾患が続出してきているのではないでしょうか。
またこの年代は人生の中でも大事な時期で、仕事の質も量も多くなって、社会的にも責任のあるポジションに就く中堅層で、(過労・睡眠不足・運動不足・偏食・栄養不足・たばこ・アルコールも多いが、無理も効く年代。)女子はキャリアウーマンが増えたからかもしれません。』

自律神経失調症の症状(不定愁訴)

めまいがする

周囲がぐるぐる回るような回転性のめまいを訴える
耳鼻科で検査を受けても原因がはっきりせず、メニエール症候群と言われることがある
耳鳴りや難聴を伴うこともある

体がふらつく

立ったときに不安定な感じやフラフラする感じがする
ふわふわと、雲の上を歩いているような感じを訴える

肩こりが酷い

ストレスに対する反応で肩こりがひどくなる
肩だけでなく、首や背中まで苦しい人が多く、頭痛・めまい・吐き気などを訴える

微熱が続く

37度位の微熱が、1か月以上も続く
炎症による発熱ではないので、風邪薬を飲んでも熱は下がらない
★自律神経失調症が原因の微熱は下がらない
★内科で診てもらっても、身体的異常は見つからないので、気のせいにされたりする

頭痛がする

これもよくあるストレス反応
首や肩の筋肉の緊張が原因となる「筋緊張型頭痛」が一番多い
★市販の頭痛薬や、鎮痛剤では一時的に症状を抑えるだけで、根本的解決にはならない
★慢性的に頭痛がある為、脳の異常を心配してCTやMRIの検査をしても、異常は見つからない

吐き気がする

胃がムカムカして吐き気がする
嘔吐してしまう場合もある

不眠症

ほどよく疲れていたり、リラックスしている時は眠れるが、自律神経失調症による不眠はいろいろ工夫をしても
なかなか眠ることができなく、睡眠剤も効かないことがある
★不眠症には、寝付きが悪い「入眠障害」・深夜や明け方に目覚めて、再度眠ることができない「中途覚醒」・長時間寝ているつもりなのに寝た気がしない「熟眠障害」などがある
★自律神経失調症による不眠は「入眠障害」が多い

食欲不振

空腹なのに、食べ物を見ると食べたくなくなる
食べると気分が悪くなる

異常に汗をかく

下着を何回も取りかえるほど多量の汗をかく
異常な寝汗でパジャマがびっしょり濡れてしまう
とくに、手のひらや足の裏だけに汗をかく

手足が冷える

冷え性がひどい人も自律神経失調症である場合がある
手や足先が氷のように冷たかったりする
また、冷えだけでなく、顔がほてったり、冷えとほてりが同居いている人もいる

動悸・息切れ

心臓が急にドキドキする
心臓の検査をするが異常がみられない

パニック発作(呼吸が苦しい)

息がつまる感じ、胸のあたりが苦しい
急に息苦しくなり、激しい動悸がして、不安や恐怖感が起る「パニック発作」を起こすこともある
パニック発作起こし、救急車で運ばれる人もいるが数分から数十分でおさまる、検査をしても何の異常も見つからない
また発作を起こすのではないかという不安感から、外出できなくなったり、電車に乗れなくなるような行動上の制限が出て来ることを「パニック障害」という、近頃大変多い病気

喉の痛み

いつも喉がひりひり痛む、薬を飲んでも効き目が無く、痛みが長引く
耳鼻咽喉科では「慢性咽頭炎」と診断される

夜にじんましんが出る

「コリン性じんましん」といわれ、疲れとストレスが原因で起る
疲れがたまる夕方以降、入浴時や睡眠時に赤くなり、かくとよけいにかゆみが広がる

下痢が続く

ストレスが原因で下痢を起こす (テスト前や、緊張する場面になると下痢をする)
ひどい人は長期間続く (トイレに行けないのが不安で、列車やバスに乗れない人もいる)

手足のしびれ

感覚が異常になる
軽く皮膚に触れるだけでヒリヒリ痛みを感じたり、電気が走るようにビリビリと痛みを感じたりすることもある
反対に感覚がマヒする場合もある
脚にこのような症状が出ていると「坐骨神経痛」と言われたりする
原因もはっきりせず、整形外科的な治療で効果が現れない

髪の毛が抜ける

部分的に毛が抜ける【円形脱毛症】になったり、髪が細くなったりする
心理的なものが原因

全身がだるい

体がだるい、体が重い、特に疲れる様なことをしてないのに、いつも疲れている、疲れが抜けない
朝起きてからすでにぐったり疲れている

軽い精神症状が出る

イライラしやすい、怒りっぽくなる、不安感、意欲・集中力が続かない、やる気が起きない、訳もないのに悲しい・寂しい、精神的に不安定

小・中学生に多い起立性調節障害

立ち眩み、めまい、吐き気がする。頭痛、腹痛、動悸、イライラ、睡眠障害、集中力の低下。
食事中しんどくなって、横になりたがる。急に朝が起きられなくなって、学校に行けなくなった。
毎日のように学校に遅刻する。学校へ行っても、いつも保健室で休んでいる。(上気道のアレルギーを併発する割合が高い)

※全神経の86%は自律神経です

・自律神経失調症に限らず、多くの慢性病には自律神経が関わっています。

自律神経は全身の生理作用を調整していますから、自律神経が関与していない病気は無いと言ってもいいくらいです。
●広い意味では、どんな病気も自律神経失調です。●

ですから、重篤な症状になる前に、自律神経失調症の症状の段階で、施術をしておくことが、健康の為にも大変有効です。


自律神経失調症とうつ病の違い

■上記のような身体症状が出ているものを自律神経失調症といいます。
他にもさまざまな症状が有ります。
症状が一つだけということは少なく、一人でいくつもの症状を抱えて苦しんでいるのが普通です。
しかも、複数の症状が同時に出たり、その時の体調により、不特定な症状が現れたりします。

○一般的には自律神経失調症は自律神経が乱れている状態で、うつ病はストレスなどによって「意欲や活力」を伝達するセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の働きが悪くなったり、減ったりしている状態をいいます。また、「心の風邪」と言われるように、誰でもかかる可能性があるものです。

○自律神経失調症は軽度で、うつ病は、自律神経失調症より重度とされています。

○そして、抗うつ薬が無効な場合が自律神経失調症で、抗うつ薬が有効な場合はうつ病とすることも有ります。

また、うつ病には次のような特徴があります。

うつ病のセルフチェック

【A項目】

□最近2週間以上、1日中憂うつな気分が続いている
□最近2週間以上、物事に喜びや興味・関心が無い状態が続いている
□最近2週間以上ずっと疲れていて、やる気や意欲がおきてこない

【B項目】

□食欲が低下(増加)している、体重が減少(増加)している
□不眠症または、いつも眠たく感じる
□朝早く目が覚める、寝過ぎてしまう
□朝に落ち込みが激しく昼から夕方にかけて楽になり、夜は眠れない
  などの「日内変動」がある
□落ち着きが無い、焦りを感じる
□集中力・注意力・思考力・記憶力の低下
□自分には価値が無いと感じ、自信を喪失している
□自分が悪い、自分の責任だと罪の意識を感じる
□将来に希望が持てず、悲観的な気分である
□自殺を考えることがある

※A項目が2つ以上及びB項目が2つ以上あてはまる方に!

これらの症状の為に、うつ病を抱えたままですと、仕事や家事、学業等生活に支障を来たすようになり、我慢し続けた分、回復にも時間がかかります。
早期発見・早期施術することで早めにうつ病を改善することができます。

◎できれば休暇を取るなどして、少しの間「心と体」を休めてあげてください。

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

“ここから変われる! 隠れ施術院”
~昼休憩無し!~ 盆・正月以外は 土・日・祝も営業!~
高槻・茨木間  阪急総持寺駅徒歩2分

PageTop

歪みチェック
(当てはまる項目にチェックして頂くと、カイロプラクターがあなたの体の歪みの状態と、それに伴う諸症状や影響等を、メールでお知らせします。)
身体の歪みと、自律神経とは密接な関係にあります。


メニュー


当院のご案内

カイロプラクティック院
「こうてんDES」

住所:〒567-0806
大阪府茨木市庄2丁目17-23 総持寺駅より徒歩2分

電話:072-623-5015

完全予約制
(当日予約は、TELにてご確認ください。)
~昼休憩なし~
~土・日・祝も営業~

営業:10:00~20:00


セミナー

◎カイロプラクティック事業
セミナーへ参加しよう!
(カイロプラクター養成)

この無料説明会は⇒⇒⇒
予約制で、随時 受付ています。

「ご予約ご相談」のメールフォームに、ご希望の日時を
3つ書いてご連絡ください。
その中から開催可能な日時を選んで、後日ご返事させていただきます。

場所=当院にて
時間=約3時間
・無料体験施術含む・

ご予約ご相談メールフォーム


◎家庭内療法1日セミナー
(初期的・簡単・安全)

○肩こり、腰痛、膝痛、慢性病、でお悩みの方
○家族や知人に喜ばれる技術を覚えたい方
○仕事としてお考えの方には入門編となります。

この有料セミナーは⇒⇒⇒
予約制で、随時 受付ています。

「ご予約ご相談」のメールフォームに、ご希望の月日を
3つ書いてご連絡ください。
その中から開催可能な月日を選んで、後日ご返事させていただきます。

場所=当院にて
時間=10時~17時迄

費用:お一人13,000円

(昼食・お茶・テキスト代含)
お申し込みは、お二人一組でお願いします。

お問合せ、お申込み お待ちしております。

ご予約ご相談メールフォーム

TEL:
072-623ー5015

カイロ事業
(ビルドアップ方式)
初級カイロ事業セミナー
本場アメリカの技術を習得


じゅうべいカイロプラクティック院
(富山にお越しの際は、北陸で一番輝く!
「陽気で・元気で・気持良い」
(じゅうべい カイログループ)


お客様のご来院地域

【国内】

[大阪府]
大阪市(全区)
茨木市 高槻市 島本町
吹田市 摂津市 豊能町
池田市 箕面市 豊中市
寝屋川市 枚方市 交野市
四条畷市 門真市 守口市
堺市 大東市 東大阪市
八尾市 柏原市 松原市
羽曳野市 藤井寺市 和泉市
高石市 岸和田市 熊取町
泉佐野市 阪南市 富田林市

[京都府]
京都市(全区)
亀岡市 向日市 長岡京市
大山崎町 八幡市 久御山町
綴喜郡 宇治市 城陽市
京田辺市 木津川市 精華町
南山城村 綾部市 京丹波町
南丹市 福知山市

[兵庫県]
川西市 宝塚市 伊丹市
尼崎市 西宮市 芦屋市
三田市 神戸市 三木市
西脇市 明石市 加古川市
姫路市

[和歌山県]
橋本市 紀の川市 和歌山市

[滋賀県]
大津市 草津市 栗東市
甲賀市 近江八幡市 彦根市
米原市 高島市

[奈良県]
生駒市 奈良市 大和郡山市
天理市 香芝市 田原本町
桜井市 大和高田市 橿原市
五條市

[三重県]
伊賀市 名張市 津市
四日市市 桑名市

[愛知県]
一宮市 稲沢市 小牧市
名古屋市 豊橋市

[岐阜県]
大垣市 岐阜市

[長野県]
安曇野市 松本市

[静岡県]
浜松市 袋井市 静岡市

[神奈川県]
横浜市 相模原市 平塚市
藤沢市 厚木市

[東京都]   八王子市

[埼玉県]
さいたま市 川越市 所沢市
鴻巣市 入間市

[千葉県]
千葉市 松戸市

[福島県]   郡山市

[宮城県]   仙台市

[北海道]   網走市

[福井県]
小浜市 敦賀市 高浜町

[石川県]
小松市 金沢市

[岡山県]
岡山市 倉敷市

[広島県]   呉市

[香川県]
丸亀市 高松市

[愛媛県]   松山市

[福岡県]
北九州市 福岡市 田川市

[大分県]   大分市

【海外】

アメリカ (カリフォルニア)
カナダ  (バンクーバー)


アメブロ
こうてんDES のブログです





カイロプラクティック院 「こうてんDES」 住所:〒567-0806大阪府茨木市庄2丁目17-23 総持寺駅より徒歩2分 電話:072-623-5015


HOME - 施術内容 - 施術の流れ - カイロプラクティック - 筋膜GMR療法 - 脳圧セラピーとは - 顎関節・頭蓋骨セラピー脳内物質・神経作用操作法 - 総合指導法 - ストレスについて - 生活の乱れと環境の変化 - 自律神経とは - 自律神経失調症とうつ病 - 自律神経失調症の種類 - 自律神経と冷え性 - 自律神経と痛み - 自律神経と白血球とがん - 頚性神経筋症候群 - 過敏性腸症候群 - 副腎疲労と光過敏症 - 骨盤矯正(美容・産後・一般) - 姿勢矯正(側弯・猫背・O脚) - 職業病のお悩み - 好転反応とは - 当院のご案内 - 料金&メニュー - お客様の声 - ご予約・ご相談 - プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ - セミナーのご案内


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。